バイオジェンはプライバシーを尊重し、収集した個人情報を保護します。保有している情報を保護することは、患者、医療従事者、ビジネスパートナー、社員、コミュニティに対する当社の責任の基礎をなすものです。

機密性の高い情報を細心の注意をはらって取り扱います

当社の最も貴重な資産のひとつは情報です。保有する機密情報だけでなく、開示された機密情報も保護対象となります。バイジョジェンの保有する機密情報を保護する義務は、雇用終了後も継続的に有効です。

遵守事項

  • 機密情報は、正当な業務上の目的をもってのみ利用したり、開示する
  • 外部で情報を共有する場合、適切な契約のテンプレートを使用するか、法務部にどのような安全対策を講じるべきかについて相談する
  • 適用されるポリシーに基づく機密情報の取り扱い、配布、廃棄方法を適切に表示する
  • 会社情報の保管、通信には、バイオジェンの情報システムまたは承認された記憶装置、場所を使用する
  • 機密情報を転送する必要がある場合は、暗号化を含む適切なセキュリティ制御を必ず使用する
  • 会社資産を保護し、その使用や処分について適切な承諾を得ていることを確認する

注意事項

  • 他者が立ち聞きできる可能性がある場所(飛行機内、エレベーター内、携帯電話の使用時など)で、機密情報を話題にする
  • 機密情報を無人状態のファックスまたはプリンタに送信する
  • 機密情報が表示されたままの状態で作業場所を離れる
  • 詳細については、以下をご参照ください

    • 情報セキュリティに関するグローバルポリシー
    • データのリスク分類に関するグローバルポリシ ー
    • 記録および情報管理に関するグローバルポリシ ー
    • 機密情報に関する疑問や懸念については、マ ネ ージャーのほか、情報管理、法務、または人事の各部門担当者に相談する

    (すべてのポリシーについてはSynapseをご覧ください)

  • インサイダー取引

    会社情報またはビジネスパートナーの情報を、個人の利益のために利用することはありません。インサイダー取引に関するポリシーは、各国の取締役、役員、社員、派遣社員とその家族、親せきが未公開情報に基づいてバイオジェン株を売買したり、株を売買する人物に情報を開示したり伝達すること(「内部情報の伝達」など)を禁止しています。会社の未公開情報を保有していない場合に限り、会社の株を売買することができます。さらに、人によっては特定の取引窓口が開いている間、または取引計画の下で会社の株を売買している個人に取引を制限するという追加の取引制限の対象となります。(SECルール10b5-1)

    重要情報とは、投資家が株を売却するか保持するかの判断をするにあたって重要とみなす情報です。重要と見なされる情報には、以下が含まれます:

    • 進行中か提案段階の買収、売却その他の重要な取引
    • 後期臨床試験の結果
    • 重要な製品開発情報、製品に関する重要情報(重大な製品安全性問題など)
    • 製品に対する規制当局による承認取得、却下の情報
    • 収益と財務実績
    • 重大な訴訟や特許関連の事象

    プレスリリースや米国証券取引委員会(SEC)への届出を通じて公開されていない場合やそれ以外の方法で一般に公開されていない限り、未公開情報と見なされます。一般的に開示されてから1営業日以上経っている情報を「公開情報」と見なします。

    インサイダー取引法違反は重大な犯罪であり、民事および刑事上の罰金や刑罰の対象になることもあります。インサイダ ー取引法および当社のインサイダー取引に関するポリシーに確実に違反しないようにするのは、社員自身の責任です。

    遵守事項

    • バイオジェン、他社の未公開情報を保有している場合、バイオジェン、当該会社の株の売買をしないy
    • 未公開情報は他者に開示しない
    • バイオジェン株に関連のある空売り、プットオプション、コールオプション、ヘッジ取引、マージンアカウント、抵 当その他の金融派生商品取引を行わない
    • 「ブラックアウト期間」中や SECルール10b5-1所定の取引プランで行われない取引は、そうした取引の制約の対象であることの通知を受けている場合は行わない

    注意事項

    • 友人や家族、取引先からのバイオジェンに関する情報提供依頼。何気ない会話であっても、違法な「内部情報の伝達」と見なされる可能性があります
  • 注意事項

    • インサイダー取引に関するグローバルポリシー

    (すべてのポリシーについてはSynapseをご覧ください)

  • Q & A

    質問:

    当社の事業活動において、会社の株価値を著しく上げると思われる重大な進展があることを知っています。私が自社株を買うのは禁止されているのは知っていますが、友人に投資を勧めることに問題はありませんか。

    回答:

    いいえ、投資を勧めてはなりません。この情報は「未公開情報」に該当するため、ご存知のとおりあなたが株を購入することもできません。この種の情報を保有している人物が、会社の株を売買することはインサイダー取引に該当し、法律に違反します。さらに、会社ポリシーと法律では、この種の情報に基づいて会社の株の売買を他者に推奨することも禁じています。これは、情報を共有せずとも推奨をする行為自体にも適用されます。そうした行為は「内部情報の伝達」と見なされ、あなたと友人の両方に民事および刑事上の刑罰が科される可能性があります。

    質問:

    会社で自分の職務を通じて、当社ベンダーが小規模な上場会社との提携を計画しているという事実を知りました。提携先は当社のベンダーではないし、小規模企業に投資するまたとない機会だと思います。投資してもよいでしょうか。

    回答:

    いいえ。あなたは「未公開情報」を保有しており、その情報に基づく取引は禁じられています。提携情報の公開後であれば投資しても構いませんが、公開前に投資することはできません。

  • 会社資産の保護

    一人ひとりは、会社資産を保護し、それらを慎重に取り扱う責任を負っています。会社資産に含まれるものとしては、資金、施設、設備、情報システム、知的財産権、機密情報などがあります。

    会社資産の個人使用はご遠慮ください。会社のコンピュータまたは電話システムを通じて送受信されたすべての情報は、会社の正式な記録の一部となり、それらの記録は法律により公開を求められる場合があります。したがって、自分が処理するビジネス情報は正確かつ適切で、倫理にかなった合法的なものであることを確認する必要があります。

    遵守事項

    • バイオジェンの資産を正当な業務上の目的に沿ってのみ使用する
    • バイオジェンの設備または情報システムを使用して他者が不適切と判断する可能性のあるコンテンツの作成、保存、送信しない
    • パスワードを開示しない
    • 適切なライセンスが付与されたソフトウェアのみを使用する。「海賊版」ソフトウェアの使用は厳しく禁止されています
    • 会社資産の個人的な使用を常に最小限度に抑え、それらの使用によって生産性や職場環境に悪影響を及ぼさないようにする

    注意事項

    • バイオジェンの情報を個人的な目的のために過度に使用したり、不適切に使用する
    • パスワードの開示
  • 詳細については、以下をご参照ください

    • パスワードに関するグローバルポリシー
    • 利益相反および社外活動に関するグローバルポリシー
    • 契約審査に関するグローバルポリシー
    • 情報セキュリティに関するグローバルポリシー
    • モバイル通信に関するグローバルポリシー(米国およびその他のアフィリエイト)
    • 購買に関するグローバルポリシー
    • 承認権限に関するグローバルポリシー
    • 出張および経費に関するグローバルポリシー
    • 電子メールおよび電子通信システムの保持に関するグローバルポリシー
    • バイオジェンの資産に関する疑問や懸念については、マネージャーのほか、グローバルITセキュリティ、現地のコンプライアンス、法務、人事の各部門担当者またはヘルプラインに相談してください

    (すべてのポリシーについてはSynapseをご覧ください)

  • 知的財産

    バイオジェンの知的財産は、保護すべき重要な資産です。知的財産の例は、次のとおりです:

    • 企業秘密と発見
    • 手法、ノウハウと技術
    • イノベーションと設計
    • システム、ソフトウェア、テクノロジー
    • 特許、商標、著作権

    遵守事項

    • バイオジェンでの雇用期間中に自ら開発した発明品やその他の知的財産について、速やかに会社管理職に開示する
    • 機密情報には、その取り扱いや配布、廃棄方法を適切に表示する
    • 知的財産は、権限を有する関係者にその共有を限定することで保護する
  • 詳細については、以下をご参照ください

    • 知的財産関連のコミュニケーションに関する疑問や懸念については、マネージャーまたは法務部に相談してください
  • 広報活動

    情報を一般に開示、提供する場合、首尾一貫した意見やメッセージを届けることを目的として、担当者が会社の代表としてその役割を担います。コーポレートアフェアーズ部、IR、マネジメントチームに所属する社員のみが、メディア、財界に向けてメッセージを発信する権限があることにご留意ください。ソーシャルメディアを使用する際は十分注意するようにしてください。オンラインフォーラムやブログ、掲示板を利用する場合は、会社や業務内容には触れず、バイオジェンの代表として発言しているという印象を与えないようにしてください。「送信」ボタンを押す前に、もう一度よく考えてみてください。会社の評判を落としかねないような機密情報または資料を電子メールで送信したり、投稿したりしないでください。 

    遵守事項

    • コーポレートアフェアーズ部またはIRから事前許可がない限り、会社の話題を公の場で取り上げない。このような内容はすべて審査と承認を必要とし、また話し手は適切な訓練を受けていなければならない
    • 当社の活動、売上や財務状況、戦略計画に関する問い合わせについてはコーポレートアフェアーズ部またはIRに委ねる
    • 不特定多数の社員を対象とした情報の配信を行うときは、事前にコーポレートアフェアーズ部の承認を得る

    注意事項

    • 個人的なコミュニケーションで、会社の代弁をしているかのようにほのめかす
    • 他社がスポンサーをしている慈善事業や地域社会の事業などをバイオジェンを代表していないことを明言せずに会社の肩書きや社外提携先の名前で利用する
  • 詳細については、以下をご参照ください

    • ソーシャルメディアに関するグローバルポリシ ー
    • 広報に関する疑問や懸念については、マネージ ャーまたは総務部に相談する

    (すべてのポリシーについてはSynapseをご覧ください)